2011年02月12日

不合格にならない数学の裏技 高校入試 河原塾 口コミ


高校入試の数学は3日もあれば得点アップできます。

河原塾が「間違わない特殊なやり方」を伝授します。

詳細はこちらをクリック


数学の成績が志望校の合格ラインに届かない受験生・・・
まだ、諦めるのは早いです。


数学の試験の出来・不出来が激しくて不安な受験生・・・
もっと自信を持って試験に臨めるようになります。


3日間、時間を確保してください。


中学数学の重要ポイントを全て習得し直し、多くの受験生がハマッてしまう“失点の落とし穴”を迂回する方法を伝授します。


もともと、数学は試験ごとに出来・不出来のバラツキが大きい科目です。複数の解き方がある場合も多く、どの方法で解くかによって時間と労力に“天と地”ほどの差ができたりします。


そして、ココが重要な点なのですが、本番試験では、“正攻法”で解かない方がよい場合もあるのです。


正解を導き出すだけなら、“卑怯な方法”を用いた方がはるかに楽で早いということが結構あるものなのです。(“卑怯”というのは、不正という意味ではありません。“正攻法”ではないという意味です。)


数学の地力をつけて5点とか10点アップさせるには、かなり時間がかかります。1週間や2週間では無理です。


ということは、入試直前に数学の得点アップを狙うのであれば、“卑怯な方法”をマスターするしかないという結論になります。


河原塾の【不合格にならない数学の裏技】というWEB授業なら、1日2時間、3日間で“卑怯な方法”をマスターできます。
(期間限定の特典ですが、授業のDVDがもらえます。)


詳細はこちらをクリック


上で、「5点とか10点アップ」という話をしましたが、高校入試本番では、わずかな得点アップでも非常に重要なのです。


あなた(のお子様)の入試について想像してみてください。


志望校の受験生を成績順に並べると、中ほどの成績の人数が非常に多くなります。仮に競争率を2倍とすると、ちょうどボーダーライン付近の生徒が多いという事を意味しています。


つまり、ボーダーライン付近では、わずかの得点アップでも多くの受験生をゴボウ抜きにできる、ということなのです。


そして、【不合格にならない数学の裏技】を3日間受ければ、本当にそれが可能になるのです。


ですから、試験直前にボーダーラインに達していなくても、数日の猶予があるのであれば、諦めるのは早いです。まだ、やれる事はあります。


それは、いまさら地力を付ける事ではありません。本番試験で簡単に得点アップできる方法を知る事です。


【不合格にならない数学の裏技】には、本番で絶対得するポイントが集められています。


まずは、授業のサンプル映像を見てください。


詳細はこちらをクリック




河原塾【不合格にならない数学の裏技】の口コミ、効果、感想などの情報を公開しています。【不合格にならない数学の裏技】は高校入試数学の重要ポイントを1日2時間、たった3日で習得する「卑怯な授業」です。




ゼロからわかる!宮口式記憶術 効果 宮口公寿


公立高校入試必勝マニュアル 谷澤潤 口コミ


速読勉強法「ドクターブレイン」 レビュー 吉岡節夫


posted by Spica21 at 00:09| 不合格にならない数学の裏技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。